ABOUT US

Toshi Ishii

石井 敏之

小規模なブルワリーで職人が手造りしているビール「Craft Beer(クラフトビア)」。
ビールを造り販売するだけでなく、その地域の気候、水、嗜好が凝縮され、地域と深く繋がり、
地域に支えられている…その魅力にひかれ、カリフォルニア州サンディエゴのブルワリーに飛び込んだ。

1998年から3年間、ビールの製造からブルワリーの経営、マーケティングなど多方面からクラフトビアを学び日本に帰国。
そこから地ビールを手がける会社で8年間、アメリカと日本、個人の小規模プルワリーと大企業の製造ラインなど
さまざまな環境の違いに翻弄されながらも、本場で叩き込まれたクラフトビアの神髄を日本で極めようと奔走した。

2010年にグアムへ渡り、サンディエゴで習得した知識と技術、日本での経験を携えて、
のちにグアム島内のレストランやバーなどで飲まれることになる「ミナゴフ」を生み出す。

しかし、未知の土地で、しかも爽快感のあるキリッとした喉越しのラガーが主流のグアムで、
ミナゴフの名が市場に登場するまでにはかなりの時間を要した。

ビールの原料をアメリカから輸入しなければならないことや常に停電のリスクがあることなど、苦労の絶えない中、
ほぼ毎日ブルワリーに立ち、麦の粉砕から仕込み、発酵、熟成、充填までを一人でこなしてきた。

職人としての勘や経験と同様に体力も必要な醸造作業ではあったが、
それでもグアムのクラフトビールにこだわり、グアムの水と、生産地まで足を運び自分の目で品質を確かめたモルト、ホップ、イーストのみで
作る100%ナチュラルでフレッシュなビール造りに全身全霊を捧げてきた。

彼が作るエールの味わい深い苦みとフルーティーな香りは、料理と共に楽しめるワインのようで、心地よい炭酸は食事を邪魔しない。
グアムの気候や人々の嗜好に合わせ、サンディエゴでも日本でも作ったことのない味わい。
グアムの美食家がこぞって指定するまでに成長し、濾過も加熱処理もされていない、常に出来立ての高い鮮度で提供されるミナゴフは、
これまでのグアムになかった新しいビールのおいしさと楽しみ方をもたらし、ビール業界に新しいステージを築いてきた。

イギリスでも醸造技術を学び、世界各国のブルワーたちとコラボレーションし、ビールを作り出荷するのではなく、現地に赴きビールを作るフライングブルワー(FlyingBrewer)としても活躍する石井氏。
コロナの影響により、10年間のグアムにおけるビール製造・販売から撤退したのち、栃木県足利市に帰郷。
新天地で「ISHII BREWING」を設立し、足利の気候や食材を生かしたクラフトビアを
たくさんの人に愛されるものへと成長させるべく、再び奮闘が始まった。

ORIHIME

我々のビールのブランド名“ORIHIME”の話、ちょっと長いのですが聞いてください。

グアムで起業した前身のISHII BREWING COMPANY。何を意図したわけでもないのですが、会社設立日は平成22年2月22日と、偶然にも見事な2並びとなりました。

そこからビール醸造のライセンス取得までには7か月弱かかったのですが、ともあれ毎年2月22日には、創立記念日ということでちょっとしたお祝いディナーに出かけるのがお決まりとなっていました。

2018年の2月22日も、いつものように食事をして帰宅。自宅アパートの駐車場に車を停めて降りたら、横の植栽にほぼ真っ白の子猫が。おそらく生まれて数か月、耳と尻尾が薄い茶色でシャム猫のように見えます。以前から、アパートの敷地内には様々な野良猫がうろうろしていて、寄ってくる猫は時折構ってやったりしていたので、その時もあら新参者ね、可愛いね、程度ではあったのですが、その日が創立記念日のみならず、にゃんにゃんにゃんの猫の日だったこともあり、突然我々の前に現れたこの猫ちゃんに、何かちょっと運命のようなものを感じていたのも事実でした。

その子猫はアパートの中庭を拠点と決めたらしく、以来ほぼ毎日見かけることに。撫でたり話しかけたりして可愛がっていたら、だんだんと調子づいて、2階の我々の部屋の前までやって来るようになりました。はじめはおそるおそる、そのうち窓枠に飛び乗ったり、家の中まで入って来ようかという勢いです。あまりの可愛さに食べ物を与えたりしながらも、もともと犬派というのもあって、“飼っちゃおうか”という決断まではできずにいました。

それから程なくしたある日、私が夕方帰宅すると、何とこの猫が家の中で弱々しそうにタオルの上で寝ているではありませんか。たまたま醸造が休みで家にいた夫によると、けたたましい猫の鳴き声の後、この猫が助けを求めてうちの前までやってきたとのこと。けがをしているので、とにかく家に入れて寝かせてやっているのだというのです。どうやら、アパート内の別の家で飼われている猫の餌を食べようとして、その猫にひどく引っかかれたようです。

さすがに傷ついた猫を外に放り出すわけにもいかず、とりあえず安全な家の中で様子を見ることにしました。傷はかなり深そうだし、前足も脱臼したように外れて、ひきずりながら歩いています。可哀そうに、この子はもう一生Disabledだね、と何ともいたたまれない気持ちになり、あまりひどいようなら動物病院に連れて行かないと、と思いながら、その夜を過ごしました。

実は、今となっては、その時の詳しい状況をあまり思い出せないのです。傷がどんな状態だったのか、何を食べさせたのか。しかし、翌日動物病院に連れていかなくて済んだほど、小さな命が驚異的な回復力を見せたのは確かです。外れた前足もいつの間にか元に戻り、普通に歩きだしたのです。どんなにほっとしたことか。

会社の創立記念日かつ猫の日に、突如私たちの前に現れた美しい碧い眼の子猫。そして、ケガをして真っ先に助けを求めてきたのが、他の誰でもなく私たち。これはもう、うちに来るべくしてやってきた”運命のお姫様“以外の何者でもない(そう、メス猫だったんです)、と私たちが勝手に思い込むのも無理はないと思いませんか(笑)!

その日から”姫“はうちの子になりました。

以来、姫は私たちの生活の中心になりました。そして、創立記念日に現れた猫なんだから、と創っていたビール“MINAGOF”のマスコットに任命、時々フェイスブックに登場してもらいました。新しいビールのブランドを立ち上げる時には、ロゴデザインのメインはぜひとも姫に、とこの頃から心に決めていました。

それから2年、まさかのコロナ禍で観光客が消えたグアムでのビジネスを諦め、私たちは夫の故郷である栃木県足利市に戻り、Craft Beer醸造を再開することを決意しました。姫を飼い始めた時には全く想定していなかった事態。しかも、姫を日本に連れて帰ろうにも、コロナの影響で日本へのペットの輸送手段が全て断たれてしまい、途方に暮れる状況に。

しかし、姫をグアムに置いてくると言う選択肢は私たちの中には一ミリも存在しませんでした。ビジネスも個人的なものも全て引き払い、とりあえず2021年3月、夫だけ先行して帰国してもらい、私は姫と一緒にペットOKの民泊に移って、手段ができたらすぐに帰国できるように備えながらグアムに残りました。

この時の苦労話はまた別の機会にご披露したいのですが、なにはともあれ半年後の2021年9月、ソウル経由の大韓航空便という姫にとっては大冒険の末、無事日本に帰国することができました。

さあいよいよ日本での醸造再開、つまり新しいブランドの立ち上げです。メインのロゴデザインのセンターは姫。でもせっかくの足利市発(初)のCraft Beerなら、足利色もほんのり醸し出したい。。。

そんな時、足利の人なら誰もが知っている、由来も響きも素敵なこの名称を、無視できるはずがありません。しかも、まさに“姫”そのものが含まれています。あたらしいブランド名は”ORIHIME”。そう決めるのに、それほど時間はかかりませんでした。

実際のロゴデザインについては、“猫の姫”と“ORIHIMEを思わせる何か”を融合したデザイン、しかも猫はただの猫ではなくて”姫“という条件で、Unripe Creative Studio のデザイナー、相馬麻耶さんにデザインしていただきました。
コンセプトは「メイン部分は姫ちゃんにとことん寄せつつ、強弱を抑えたシンボルへとアレンジ。ORIHIMEの和と現代のポップな雰囲気を調和させました。永く愛されるデザインを目指し、全体を可愛らしく、そしてスタイリッシュに仕上げました。」とのこと。
姫の特徴をよく捉えつつ遊び心のあるデザインで、とても気に入っています。

こんな深い思い入れのあるORIHIMEが、夫の創る渾身のCraft Beerを代表するブランドとなり、皆様に親しんでいただけるようになる日が一日も早く来ることを、切に願います。

石井 有樹子


お取り扱い店舗一覧

  • ヘルムズデール軽井沢

    パブ・バー・カフェ
    営業時間 : 16:00~23:00
    不定休
    長野県北佐久郡軽井沢町大字長倉9-109

    0267-46-8337

  • 大黒屋酒店

    小売酒販店
    営業時間 10:00~20:30
    定休日:毎週日曜日
    (12月は第1日曜のみ休業)
    栃木県足利市通3丁目3535

    0284-21-2714

  • 山岡酒店

    小売酒販店
    営業時間 09:00~20:00
    定休日:毎週日曜日(祝日は営業)
    京都府京都市上京区千本今出川上る牡丹鉾町555

    075-461-4772

  • 岡崎酒店

    小売酒販店
    営業時間 09:00~19:30
    定休日:毎週月曜日
    栃木県足利市朝倉町3-20-21

    0284-71-1502

  • ワインと地酒 武田 岡山新保店

    小売酒販店
    営業時間 10:00~21:00
    1月1~3日以外年中無休
    岡山県岡山市南区新保1130-1

    086-801-7650

  • ワインショップ和泉屋

    小売酒販店
    営業時間 10:00~20:00
    定休日:月曜日
    栃木県足利市通3丁目2777

    0284-21-3648

  • 人見酒店

    小売酒販店
    営業時間 9:30~21:00
    栃木県宇都宮市陽東5-13-22

    028-661-4021

  • リカーズのだや

    小売酒販店
    営業時間 10:00~19:00
    定休日:水曜日
    東京都文京区千駄木3-45-8

    03-3821-2664

  • 京成小岩クラフト酒店

    小売酒販店兼ビアバー
    営業時間 月~木 18:00~23:00
    金土日 14:00~24:00
    定休日:月曜日
    東京都江戸川区北小岩6-15-8

    03-6877-0525

  • トモシビ

    ラーメン&カフェ
    営業時間 11:30~15:00 17:30~20:00
    定休日:火曜日・水曜日・木曜日
    栃木県足利市八幡町2-16-16

  • 焼肉スタンド 肉と麦

    焼肉・ビアバー・ワインバー
    営業時間 15:00~26:00
    定休日:不定休
    東京都渋谷区幡ヶ谷1-33-1

    050-5589-7291


COMPANY

ISHII BREWING

  • 設立

    令和3年9月8日

  • URL

    https://ishiibrew.com/

  • 事業内容

    酒類・飲料製造

  • 所在地

    〒326-0333 栃木県足利市問屋町1177-10